インドのドアの鍵

 もう日記ってことで・・・
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

君は死を恐れたことがあるのかい?

僕はないです^^ (ちょ

人が死ぬのは運命~だからいついなくなっても不思議じゃない~
死んだ後はまた新しい人生があるのかも~でもそれは死んでからのお楽しみー
死んだ後もオタになれたらいいね(^ω^ )
第三回注目キャラクター

今回はこちら!

wdcnzxgn9094710.jpg


三千院ナギ

ハヤテのごとくのヒロイン的キャラクターです。
前回のハヤテで大体の話はわかると思いますが・・・このナギは超金持ちです。そしてツンデレです^^
ハヤテのアニメは春に放送しますが・・・多分みんなナギにフォーリンラブでは?

詳しいナギの詳細
(三千院 凪、さんぜんいん なぎ)13歳 138cm、29kg メインヒロイン 1991年12月3日生まれのAB型。
三千院財閥の令嬢。両親は事故で他界し、唯一の血縁(直系の血族)は祖父の三千院帝。思い込みが激しく、ハヤテの言葉を誤解して好意を持ってしまった挙げ句、彼を執事として雇い、さらに1億5000万円の借金を肩代わりする。幼時から様々な分野で英才教育を受けており、白皇学園の飛び級制度により13歳で高校一年生になっている。また八ヶ国語を話せる語学力、西沢さんに「七色の声を持つ声優さんが後ろに見える」と評されるほどの歌声を持つ。特に経済学に精通しており「WBSと株式市場があれば生きていける」と豪語する。
誘拐されても犯人全てにダメ出しをするなど、非常に気が強く負けず嫌い。その場の思いつきで行動する傾向がある。幼い頃から営利誘拐の危険にたびたび遭ってきたたことから、極度にHIKIKOMORI傾向の強いインドア派になってしまっており、学校に12年間も通うのが嫌だからという理由で飛び級するほどの筋金入り。働いたら負けかなと思っている。あまり人と関わりたがらず、お世辞にも人付き合いが上手いとはいえない。友達はあまり多くはないが、本人はあまり気にしていない。
極度の運動オンチで体力も全くなく、50m走っただけで涙目になって地面に倒れてしまい完走できなかった。さらに、腹筋は一回もできない。その身体能力はスペラ○カーの主人公並みと称され、道力は0.01。しかし、虎鉄を一撃で蹴倒したり、人形師ぜぺっどの霊を一喝で退散させる等、攻撃能力は桁外れに高い。家事の類も同様で、料理をすれば調味料の代わりに洗剤を入れ、一人で留守番をすると次々と物を破壊して部屋を散らかしてしまう。通学は毎日車であったため、一人で学校に行けない。そのため、重度の方向音痴でもある。口癖は「うるさいうるさいうるさーい」。ときどき、普段からは考えられない怖い目でハヤテを脅す。
マンガ、アニメ、ゲームも大好きで、非常に漫画に影響されやすく時折漫画から人生哲学を得る。自分で漫画も描き、画力はそこそこだがストーリーや設定があまりにも独創的(電波)で理解されない。伊澄が唯一の理解者。そのため幼少時に伊澄に「結婚してください」と言ったこともある。何度もまんが賞に応募しているが、ことごとく落選である。
ゲームは特にネットゲームが好きでゲーム機それぞれに専用部屋があったり(プレステ部屋、ドリキャス部屋など)ムシキング(「許可が下りた」らしいので実名)の筐体を大人買いしたりしている。だが、それでも出席日数限度分は登校したり、教会地下迷宮探検に出向く等、割と活動的でもある。ちなみに少しマセた面があり、ハヤテの言った伊澄との『遊ぶ』を即座にいやらしい意味に変換してしまっているので、そっちの知識は豊富。最近乙女ロードに興味を持ち始め、棚の後ろに隠している。
「友達」である西沢さんを「泥棒ハムスター」「不法侵入ハムスター」等と呼び、最終的に「ハムスター」で定着した。ヒナギクに(本人に言わせると「ちょっと」)憧れている。幼なじみの咲夜や伊澄とも仲がいいが、最も親しい存在はマリアだと思われる。また、ハヤテが他の女の子と関わることを異様に嫌い、ハヤテがヒナギクにプレゼントをあげたときにははっきりとジェラシーを見せてハヤテをいじめたこともあった。逆にハヤテに嫉妬されると嬉しがって照れる。西沢さんとはハヤテを巡って火花を散らし、ヒナギクの存在にも警戒しているが、現在のところマリアはノーマーク。


以上!



あなたの執事になっていいですか?

それではさよなら!


スポンサーサイト
 
 
Comment






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
Copyright © ツケン / Designed by Paroday 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。